tete-lalala *ゆったり子育て ゆったりな暮らし*  tetelalala.exblog.jp

姫路の浄土真宗のお寺でゆるCafeや子育てのお勉強や楽しいことなどをゆったり楽しむ会をしています。 ママと子ども達が笑顔で暮らせますように・・・☆


by yuka iwami
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お寺でも何度か開催している『パステル和アート』ですが
火曜日は初めての『ワークショップ』を開催しました ♪


前回・前々回はお寺の助成もあり、通常よりも安くで体験していただけましたが
ちょっと助成金の残りも厳しくなってきましたので、皆さん実費での体験と
させていただきました。

それなのに5名の方がご参加くださり感動です!

パステル和アート大好きな私としては、こうやって一緒に参加してくださって
パステルの魅力に気づいてくださって、楽しんでくださることがとても嬉しいです☆


今回は私も一緒にさせていただきました(^^)

子ども達もママの近くでお絵描きができるように子ども用の机をくっつけて
おもちゃで遊べるスペースも用意して、ママも子どももみんなで楽しめるように
和やかに過ごせるようにお部屋の用意をしてみました。


d0254906_2355020.jpg



ママのお膝にずっと座ってママの描く絵を見ている子
一人でトコトコとおもちゃの所に行って遊んでいる子
ママとおもちゃで遊んでほしくて泣いちゃう子
ママの絵に一緒に描きたい子

いろんな子どもがいます。

子どもの気質や成長の時期だったり、いろんなことのタイミングで変わります。

精一杯、我が子に合った対応をしているママ達に優しさをいっぱい感じました。

ママって常にさりげなく子どもの為に頑張っていますよね。

そんなママのご褒美に、癒しに、パステル和アートが力になってくれたらいいなぁ
と思いました(^^)


大好きな Mother's Sea 由美子先生にお越しいただき
今回は 『ハート』 を描くことになりました053.gif


「もうすぐバレンタインもあるし、普段照れくさくて感謝の気持ちとかなかなかご主人に
言えなかったりするし、アートに託すのもいいんじゃないかな~」

の由美子先生の言葉に「なるほど~」と皆さん感心(*^^*)


見本をご用意してくださいましたが、「自分の心の思うように書いてね」のお言葉に
皆さん思うままにパステルに手を伸ばし、思うままにハートの絵を描かれました。


それぞれに個性があって、色使いも様々で、ハートの表現の仕方も様々で
どれもとっても素敵なアートになりました(*'▽')


d0254906_236734.jpg


みんなとっても可愛いでしょ♪♪


私が描いたのは左上端っこのんなんですが、こうやって見るとなんか地味ですね~
みんなはいろんな色を使っているのに私はピンク一色・・・

でも実物を見ると背景に薄らと黄色が出ていたり、キラキララメが付いていたり
小さな雪のようなお花が降り注いでてなかなか可愛い絵になったんですよ(^^)


このパステル和アートで大切なのは『自画自賛』なんです!


まずは自分で自分の描いた絵を褒めてあげる。受け入れてあげることが大切です。

自分の描いた絵をジッと見て、可愛いところや見ていて気持ちがいいところを
いっぱいみつけます。

そうするととっても温か~くなってきて、幸せな気分になってくるんですよ(^^)

最近よく耳にする『自己肯定感』ですね!

以前、お地蔵さんを描いた時に「下手なんですけど・・・」と私が言ったら
由美子先生が「下手なんて言ったら、由嘉さんの描いたお地蔵さんが悲しくなっちゃうんじゃないかな」
と仰って、あ~そうだなぁって反省しました。


自分から生まれたアートを可愛がってあげる。褒めてあげる。称賛してあげる。

「こんなところがいいよ」 「こんなところがオリジナリティーがあってステキじゃない!」

と、良いところいっぱい見つけてあげる。


これは、お子さんにもそうですよね(^^)


私の絵を見てイマイチと思う人もいる。褒めてくれないこともある。

だからこそ、自分で褒めてあげる。受けとめてあげる。


ついつい「うちの子なんて~」と謙遜したり卑下したりしてしまいがちですが
言われた方は悲しいですよね・・・

せめて生み出した者が称賛してあげましょうよ ♪


そうすると輝きだします☆


作品もお子さんも(^^)




最後はみんなで記念撮影!

みんなとってもステキな笑顔となりました053.gif


d0254906_2365666.jpg



楽しい時間をありがとうございました072.gif(^^)




yuka
by tete-lalala | 2013-02-14 07:25 | イベント
d0254906_0234129.jpg


クッキーの抜型です。

夫が娘とクッキーを作りたいとのことで
久しぶりに出してきて洗いました。


もう何年使っていないだろう。

高校以来かな・・・中学以来かな・・・

この抜き型は母が買ったものもあって
もう30年以上の年代もの。


私がクッキーを初めて作ったのは
小学校1年生の頃だったように思います。

オーブンレンジを買った母は嬉しかったのでしょう。
クッキーやシュークリームやマドレーヌを作ってくれました。

包丁は「あぶない~!あぶない~!」と
いつも怒りながら悲鳴を上げて触らせてくれませんでしたが
お菓子は一緒に作らせてくれたように思います。

いつもヒステリックになっている母が
お菓子を作る時だけ優しかったように思います。

好きな型でクッキー生地を抜いたり
ドラえもんの絵を薄紙に書き写して
ココア色のクッキー生地を使いながら
作ってくれたりもしました。

シュークリームはスワン(白鳥)の形を
絞って作ってくれました。


とっても面白くて楽しくて
私はお菓子作りが大好きになりました。


その後
母はお菓子を作ってくれなくなったように感じます。

引っ越しすることになったり
働きに出ないといけなくなったりで
余裕がなくなったからかな・・・


でも私のお菓子作りは
初めて母とクッキーを作った小学生から芽生え
中学・高校と作り続け、お菓子の専門学校に進学し
ケーキ屋さんに就職しました。


お菓子作りは結構お金がかかります。

お小遣いやお年玉をほとんど使い
時々母が材料を買ってくれたりしながら
いっぱいお菓子を作っていました。

うちは貧しかったけど
お菓子作りは文句も言わずに続けさせてくれました。



人って嫌なことやツラかったことって
凄く記憶に残るのだけど
幸せなことや有り難いことって
なんだか当然のように感じてしまったり
普通のことに感じてしまったりで
記憶の奥に追いやられてしまうんですね。


私は母から
傷つけられるようなことや否定されるようなことを
言われたりされたりした記憶の方が強くて
母からしてもらったサポートや心遣い
注いでくれた愛情のことには
今まで気づくことができませんでした。


母はお菓子作りを一緒にしてくれた。
私が好きなお菓子作りの材料や道具を買ってきてくれた。
作った後の洗い物をしてくれた。
出来上がったお菓子を食べてくれて美味しいよって言ってくれた。(一言多かったけど)
私がお菓子の道へ進むのを応援してくれた。
お菓子の世界をあきらめても怒らなかった。


私の記憶は怒ってばかりいる母。
過剰に心配過ぎて干渉してくる母。
私のことを人前で悪く言う母。


だけど愛情が無いわけじゃないんですよね。

愛しているからこそ大切に思っているからこそ
心配で守りたくて干渉し過ぎたり
怒ってしまう。

人目を気にしてついつい謙遜して
子どものことを悪く言ってしまう。

悪気はないんですよね。



でも、子どもって傷つくんですよね。
不安になるんですよね。
お母さんは私のこと好きじゃないのかな。
私って必要ないのかな。
って思っちゃうんですよね。


この不安
子どもの時に解消しといてあげないと
大人になってもお婆ちゃんに
なってもずっと残るんですよね。



子どもはね
とっても優しくて、健気で、そして未熟なんです。


お母さんの喜ぶ顔が見たくて頑張ります。

お母さんの怒る顔を見て自分を責めます。

お母さんの愛情を不安に感じて
暴言を吐いたり、悪いことをしてしまったりします。


子どもにとって一番欲しいものは
美味しいものやオモチャとかじゃないんですよね。

「お母さんの優しい言葉と笑顔」なんですよね。

それさえあれば
本当は他が足りなくても大丈夫なんですよね。



どうか、大切なお子さんを怒らないでくださいね。
批判しないでくださいね。
謙遜して悪く言わないでくださいね。



周りなんてどうでもいいんです。

最も大切なのは我が子ですよね。

気にしないで人目もはばからず
お子さんのことをいっぱい愛して可愛がって
褒めてあげてくださいね。

お子さんの持っている力を信じてあげてくださいね。

「お母さんが一番の味方」であることを
伝えてあげてくださいね。

「安心できる場所」になってあげてくださいね。



怒ってしまう時もあります。
それでもいいと思います。

でもその怒りの原因が
その子にあるのではないことを確認して
それをお子さんに伝えてあげてください。

「あなたが悪いわけじゃないよ。怒っちゃってごめんね。」 と。

怒られた子どもが
「お母さんは私(ぼく)のことを好きじゃないんだ・・・」
と、勘違いしてしまわないように
その時に不安を解消してあげてください。


あなたの愛情がお子さんにちゃんと伝わるように
そして
子どもの記憶がお母さんの笑顔と楽しいことで残るように
頑張り過ぎずにほどほどにして
楽しく過ごしてくださいね。


私も本当は娘とクッキーを作るのが夢だったのですが
今回は夫に譲ります。


今まで悲しい思いをさせてしまった娘に
これからは一緒に楽しいこといっぱいします。

娘の記憶に
お母さんの笑顔と楽しい思い出が残るように
これから頑張って塗り替えていきたいと思います。


(^^)/(^^)/



yuka
by tete-lalala | 2013-02-11 01:06 | 子育てのはなし
また寒くなってきましたね~

こないだは春のように暖かくて、その気にさせられて、やっぱりまだ春は遠いのか・・・
と、冷え性の私はちょっと落ち込んでいます(-_-;)


スターペアレンティングのファシリテーター養成講座3日間行ってきました☆

とってもと~ってもよかったです!

すっごく勉強になりました!


「ふぁしりて~た~」というのは、講座を終了したらこのスキルを使って会を開いたり伝えたりしていい
というものでした。

あと3回受けないといけないのですが、それさえ受けたらファシリテーターの資格をもらえるそうで
こんなに早くにお金もかからずにもらえるところはないそうです。

でも、でも、「取るは易し。語るは難し」です。


講座を受けて「ふんふん なるほど~」と思うものの、伝えるのはとっても難しい・・・
毎回講座から帰ってきてから主人に話すものの伝えきれない。うまく理解してもらえない・・・
私の言語能力の問題なのですが・・・


これは私が皆さんにお伝えするというのは難しいなぁ。。。
先生に来てもらえないかなぁ。。。と思っていたら、他の人との話で聞こえてきた「ン万円」

これは無理だなぁ・・・と諦めていたのですが、
なんと!無料で!講座をしていただけることになりました!!


初回にテキスト代1人500円必要ですが(これも安くしてくれました!)、1.5時間を4回受けることができる
のでかなりお得です!

託児での受講になるのですが、姫路市のまちの子育て広場のコーディネーターさんに相談に行ったところ
託児に来てくださる方を早々に探してくださいました!

皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです(:_;)

ご縁がどんどん繋がって有り難いなぁととっても感じています。

子育てを頑張っているお母さんの力になりたいと思ってくださっている方がたくさんいらっしゃるんですね。


この『スターペアレンティング』ですが、アメリカのエリザベス・クレアリーさんが実際に子育てをしながら生み
出した方法で、とっても実用的で、子どもとお母さんへの優しさ温かさがいっぱい詰まった育児法です。

先日参加した講座は、朝10時から夕方4時までの3日連続と授業は長かったですが、しんどくなくて眠くもなくて、とっても楽しく受けることができました。

なんかイキイキとして、子どもや夫にも優しく接することができました(^^)


詳しい内容については、またの機会にご紹介しますね♪

STAR parentingよかったらご参考ください☆


とりあえず今回は『スターペアレンティング講座』開催のご案内を(^^)

いま決まっていることだけになりますが、詳細はまたご案内させていただきますね。

開催日:3月4日(月)、11日(月)、14日(木)、18日(月)  全4回コース
時 間: 10時~11時30分まで


※ 1回だけの受講でも大丈夫ですが、4回全て受講したい方を優先とさせていただきますね。


とりあえずこんな感じなのですが、また詳細とお申し込み方法等はご案内させていただきますね☆


こんな機会滅多にないので、ぜひぜひご参加くださいね(^^)



yuka
by tete-lalala | 2013-02-09 01:03 | お知らせ・ご案内