tete-lalala *ゆったり子育て ゆったりな暮らし*  tetelalala.exblog.jp

姫路の浄土真宗のお寺でゆるCafeや子育てのお勉強や楽しいことなどをゆったり楽しむ会をしています。 ママと子ども達が笑顔で暮らせますように・・・☆


by yuka iwami
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

絵本を読んでいるとやっぱり育脳になる(^u^)


妊娠中や出産後に
「子どもに絵本の読み聞かせをしたら賢くなる!」
って聞きました。


『知育』とか『育脳』や
『0歳児教育』という言葉も
耳にしたり目にしたりして
初めての出産で、何も知らない私は鵜呑みして
本のとおりに一生懸命にしてみました。


でも、イライラするし面倒くさくて
本捨てました。


でも、絵本に関しては
なぜか触れさせたいという気持ちがあって
小児科に置いてあった『童話館』の冊子を見て
書いてあったことに心が温かくなって
定期購読の申し込みをしました。


童話館の館長さんがその時期の子どもに適した絵本を選んでくれて
1か月に2冊届きます。


私だと選ばないような絵のタッチだったり
内容だったりする絵本が届くので
内心「えぇ~」って思っちゃう時もあったのですが
読んでみると、なかなかいいお話だったりで
頼んでよかったなぁと思います。


私が読んで、正直「あんまり面白くないなぁ~」って絵本でも
娘は何度も読んでと言って気に入っていたり
その時は私も娘もそんなに関心のなかった絵本でも
何年後かにフと読んでみると
味わい深かったり
娘がすごく気にいったりします。


『絵本』って、深いです。


『文学』ですね。


宮沢賢治とか夏目漱石とか
そういう世界と一緒なんですね。


勉強嫌い、本嫌いの私には
『文学』なんて聞くだけで
意識を失いそうになり敬遠してしまいますが
実は、絵本から深いことを学ばせてもらってたりします。


難しく考えずに
まずは、自分の好きな雰囲気の本を選ぶ
子どもが好きな本を選ばせてあげる


面白くなかったな~
で、その時期は手離しても
いい本とは、また再開します。

不思議だけど。


とりあえず
絵に触れる、言葉に触れる
ということが
子どもにとっても、親にとっても
幸せをもたらしてくれる。


子どもの成長と共に
絵本の活字も増えてきたので
そのうち私も
宮沢賢治とか夏目漱石とかの本も
読めるようになるかな(*^u^*)




yuka








by tete-lalala | 2015-06-30 12:06 | 子育てのはなし