tete-lalala *ゆったり子育て ゆったりな暮らし*  tetelalala.exblog.jp

姫路の浄土真宗のお寺でゆるCafeや子育てのお勉強や楽しいことなどをゆったり楽しむ会をしています。 ママと子ども達が笑顔で暮らせますように・・・☆


by yuka iwami
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

青春を謳歌する子どもに育てたい

今日、久しぶりに 槇原敬之 の曲を聴きました。


友達が作ってくれたコンピレーションアルバムに入っていた

秦基博 「僕の今いる夜は」がとてもよかったので

久しぶりに槇原敬之の歌が聴きたくなって

TSUTAYAで宅配レンタルをしました055.gif



私が高校3年生ぐらいに たしかデビューしたと思うのですが

マッキーは私の青春でした072.gif003.gif



当時、たまたま知人にコンサートのチケットをいただき

友人のY子と観に行きました。

なんと、前から8列目ぐらいで!


二人で大興奮で、それからずっとマッキーを聞いていたなぁ



その後 お互い就職して、その後 阪神淡路大震災が起き

その後 私は奔放に生き、今はここにいます。




自分一人だけだった頃は、自分の思うままに生きることができた。

周りには迷惑や心配をかけることもあったけど

自分を信じて、みんなを信じて、突き進んでいきました。



そして 私が追い求めていた「温かい家庭」に

辿り着くことができたはずなのに

ちゃんと見ることができず、苦しみの中に落ちていました。



ようやくその苦しみの中から這い上がることができたけど

マッキーを聴いていたあの頃よりは

随分と臆病になったし、自分を信じることが

できなくなっているように思います。



「子どもの為」と思いながら、子どもをよく怒ってしまいます。

夫にもよく怒ってしまいます。

一人だった時は、こんなに怒ることなかったのに・・・




誰かと一緒に生きて行くって難しいですね。

でも、一人では味わうことができなかった楽しいこと

幸せなことをいっぱいくれます。




母はよく怒る人でした。

怒られ、否定され、干渉され過ぎて

母の愛を感じることができなくなりました。

自分に自信もなくなりました。

未来に希望も持てなくなりました。



中学生の頃に出会った友人

高校生の頃に出会った友人

彼女達に笑顔をもらいました。

人生なかなか楽しいもんやな。この先も楽しいことありそうやな。

と明るい未来への希望をもらいました。


人がなんと言おうと自分を信じて進んで行こうと思えるようになりました。


母に傷つけられた私は、幸いなことに友人に救われました。



友人と青春を謳歌しました。

マッキーやドリカムやミスチルを聴き

語り合ったり、笑い転げたりしました。

幼い私の部分はぽっかり空いたまま。




あれから20年近くが経ち今は、青春へと向かう子どもを育てています。



自分を信じ、自分の思うままに進み、好きな曲をいっぱい聴き

友達と笑い転げ、青春を謳歌できる子に育ってほしい。




私にできること、成すべきことは。


「私はお母さんに愛されている」「私は私のままでいいんだ」と

子どもが思えるようにすること。



どうしたらいいのか。


最近ようやく 分かることができました。


「母」というのは、日々鍛錬なんですね・・・012.gif
by tete-lalala | 2012-08-14 00:16 | 子育てのはなし